ハワイ旅行 SmashKf  のつらつらブログ

ハワイのお役立ち情報やJALマイル、HGVについて…

サウスウエスト航空がハワイ隣島便で価格破壊!予約搭乗完全ガイド

こんにちは SmashKf です。

 

突然、ブログを始めたので適当な写真が無いとか、記憶があいまいなところがありますが、全力で執筆します。今後しばらくは過去の渡ハで体験したことを中心に書いて行きたいと思います。

 

前回はJALのコナ直行便で渡ハしたのでハワイ島だけに滞在する予定でしたが、あまりにもサウスウエスト航空が安いのでオアフ島日帰り弾丸ツアーを決行しました。

 

サウスウエスト航空 衝撃の価格 

 

サウスウエスト航空の飛行機

出典:サウスウエスト航空HP

 

我が家はハワイ島好きなので5、6泊ハワイ島、2、3泊オアフ島という旅行パターンが多いです。昔はJALの往路成田~コナ、復路コナ~ホノルル~成田の便があったので非常に便利でした。その便が無くなり暫くたって、インターアイランド便は長らくハワイアン航空の独占状態が続き(私のいい加減な記憶では)片道$100~150以上してかなりの出費となっていました。

めちゃ高いな、と思っていましたが、昨年からハワイ便に参入したサウスウエスト航空だと、何と 片道$29 でした。

サウスウエスト航空はテキサス州ダラス市を本拠地としたLCC(格安航空会社)です。

私はJAL派なので国内でもLCCに搭乗したことがなく、一抹の不安がありました。しかし結論から言うと品質もハワイアン航空と比較して全く遜色ありませんでした。

以下は実際にコナ~ホノルルを往復した時の体験談です。

 

サウスウエスト航空の予約

 

予約は日本でサウスウエスト航空のサイトからしました。以下予約の方法です。(画面がシンプルなので片道で表示しています)

 便名の検索

 

サウスウエスト航空の予約検索画面
(サウスウエスト航空予約画面より) 

 

  • DEPART:発着地
  • ARRIVE:到着地
  • DEPART DATE:発着日(RETURN DATE 到着日 往復の場合)
  • PASSENGERS:人数

を入力して右下の Search ボタンを押します。

 

 搭乗便の選択

下の画面に遷移します。(画面がシンプルなので、Nonstopにチェックを入れています。本来は経由便も表示されます)

 

サウスウエスト航空の予約画面

便名と各種料金が表示されるので、搭乗便の料金の部分を選択します。すると画面が変わり問題なければ、右下の Continue ボタンを押します。

 

【各種料金の簡単な説明】

  • Business Select:チェックインカウンター優先、搭乗がA1からA15で最優先、払い戻し可
  • Anytime:普通料金、払い戻し可
  • Wanna Get Away:割引運賃、払い戻し不可、但し12か月までは別便に変更可、フライト当日の早い便、遅い便への変更も可(差額は必要)

基本的にはWanna Get Away で十分です。上の表示では$49です。料金は変動します。必ずしも早い時期に予約すれば安いとは限りません。直前になって安くなることもあります。

 

 料金の確認

そのあと、料金の確認画面に遷移します。問題なければ、右下の Continue ボタンを押します。

 

 料金の支払い

個人情報とクレジットカードの情報を入力します。個人情報を入力した後に下記のオプション表示があります。このオプションを購入すると優先搭乗することができます。運賃に$15追加すると72時間前に自動的にチェックインされます。優先搭乗のメリットはこの後の搭乗方法で説明します。

 

サウスウエスト航空の予約画面

 

最後に右下の Purchase ボタンを押して予約完了となります。

 

サウスウエスト航空の搭乗

 

 Webチェックイン

24時間前からWebでチェックインできます。

これが非常に大事です。飛行機ではあまり聞いたことはありませんが、サウスウエスト航空は自由席です。チェックインの早い順に搭乗して、好きな席に座れます。とは言っても搭乗の最優先はBusiness Select のお客さんです。次に上級会員、EarlyBird Checkinの順で、そのあとがチェックインの早い順です。

私はWanna Get Awayでしたが、往路のコナはA35、復路のホノルルはA36だったので前方窓側の席が並びで取れました。A1からC60まであります。

Webチェックインの方法はトップページの便名検索の画面にCHECK INのボタンがあるのでそれをクリックすると下記の画面に遷移します。 

 

サウスウエスト航空のチェックイン画面


 CONFIRMATION NUMBER(確認番号)、FIRST NAME(名前)、LAST NAME(苗字)を入力して Check in ボタンを押せば終了です。

 

 当日のチェックイン

コナ~ホノルル間を往復したのですが、ホノルル空港の方が分かりづらいので、ホノルル空港を例に説明します。ホノルル空港の場合、チェックインカウンターは国際線の方にあるので間違わないよう細心の注意が必要です。

チェックインカウンターで荷物を預けてボーディングパスを受け取ります。預け入れ荷物は2個まで無料です。ハワイアン航空は当日の国際線との乗り継ぎの場合は無料(JALでも)ですが、インターアイランド線のみの場合は有料です。

 

サウスウエスト航空のボーディングパス

 

 搭乗方法

手荷物検査を通過したら搭乗口に向かいます。ホノルル空港の場合は国際線の手荷物検査場を通過して、左の一番奥まで歩きます。サウスウエスト航空のゲートはG7~G10で、手荷物検査場から歩いて15分位かかります。時間に余裕を持った方が無難です。

搭乗ゲートに着いてアナウンスがあったら、ボーディングパスに印刷してある順番に並びます。写真のようにディスプレーと番号が書いてある柱があるので、Aから順番に並びます。

前後の人の番号を見ながら、自分の位置を確認します。復路はA36だったので、左の写真のA31-60と表示されている柱の前から6番目に並びました。案内されたらA1から機内に順番に搭乗するので、好きな席に座ります。

 

サウスウエスト航空の搭乗ゲート付近
サウスウエスト航空の搭乗ゲート付近

 

 機内サービス

機内は窮屈であるとか、品質が悪いとか感じる部分はなくLCCであることを忘れてしまいます。ジュースと水、プレッツェルのサービスもありました。

客室乗務員もJALとかと違い、非常にフレンドリーな感じでした。

 

サウスウエスト航空の機内サービスの飲物

 

まとめ

  • 何といっても安い。(競争原理でハワイアン航空も安くなった。)
  • 預け入れ荷物は2個まで無料。
  • 24時間前にWebチェックインすればかなりの確率で良い席が取れる。
  • 特別な祝日には無料でアルコールが提供されることもある。

結論:LCCだからと言って、これと言って悪いところは何もありません。

私は次回も使うと思います。独自のマイレージプログラムあるようなので入会するつもりです。

 

サウスウエスト航空のハワイ参入によりネイバーアイランドが身近になりました。オアフ島旅行の時は、家族4人でハワイ島、マウイ島やカウアイ島に日帰りツアーでレンタカーを借りても安ければ$300位で可能になります。

今度はマウイ島やカウアイ島の日帰りツアーに挑戦したいと思います。

 

Mahalo !