ハワイ旅行 SmashKf  のつらつらブログ

ハワイのお役立ち情報やJALマイル、HGVについて…

ヒルトングランドバケーションズを2倍楽しむ方法

こんにちは SmashKf です。

 

SmashKfのハワイ旅行の基本パターンはJALマイルによる航空券の手配とヒルトングランドバケーションズクラブ(以下HGVC)による宿泊の手配です。

HGVCについては「本当にお得なの?」とか、ハワイ旅行中の説明会で勢いで購入して後悔した、とか巷ではいろいろな評判がありますが、実際にSmashKfは10年以上利用していますが、大変満足しています。

この記事では所有自体が「本当にお得なの?」については言及しません。所有に関しては旅行に対する考え方や価値観によっても違うと思います。それについては次の機会に記事にしたいと思っています。

今回は現オーナーの方、これから購入を検討されている方にお得な利用方法について役立つ情報をお届けしたいと思います。

 

HGVCってどんな予約方法でも一緒じゃないの?

そんなことないよ。2倍楽しむ予約の方法があるんだ。

へえ、そうなんだ。それなら目一杯利用しないとね。

案外、オーナーでも目から鱗かもよ。

 

HGVCキングスランド

 

 

HGVCのタイムシェアについて

これからSmashKfなりのお得な利用方法について紹介したいと思いますが、その前に最低限必要なHGVCのタイムシェアの仕組みについて説明します。

タイムシェアとは

タイムシェアとはハワイやラスベガス、フロリダなど主に観光地などのコンドミニアムを共同で所有するシステムです。具体的にはコンドミニアムの一室を1週間単位の土地所有権付きで購入することになります。HGVCの場合は不動産として所有するので、相続や不要になった場合は売却することも出来ます。

但し、ここでは詳しくは説明しませんが、通常の不動産物件と違って売却益や運用益を得ることは絶対に無理とは言いませんが、それが目的での購入であれば効率が悪いと言わざるを得ません。

1週間分購入した物件に関しては毎年1週間利用の優先予約権が付与されます。費用としては購入時に物件の購入価格と不動産売買手数料が、購入後は年間管理費がかかります。また予約時に手数料がかかることもあります。

予約の種類

HGVCでは物件ごとに毎年クラブポイントが付与されます。そのクラブポイントを利用して予約します。

例えばオアフ島のプラチナシーズン(繁忙期)グランドワイキキアン1LDKプラスを購入したとします。グランドワイキキアン1LDKプラスは9,300ポイントが付与されるので、その9,300ポイントを利用してそのままグランドワイキキアン1LDKプラスを予約することができます。

もしハワイ島に行きたい場合はワイコロアビーチリゾートのキングスランド1LDKプラスも9,300ポイントなので、予約して利用することが出来ます。

つまり自分の所有している物件のクラブポイントを利用して他の物件も利用することが出来るんです。

次に主な予約の種類について説明します。

 

HGVCの予約種類の表

 

上記表の通りですが、補足説明します。

【ホームウィーク予約について】

  • 所有しているリゾートの同シーズン、同タイプの部屋のみ予約が可能
  • 年間のクラブポイントをすべて利用して、各リゾートが定める曜日から7連泊
  • 予約はチェックイン日から起算して365日前から276日前(一部例外のリゾート有)

【クラブ予約について】

  • 所有していないリゾートでも保有するポイントで予約可能
  • 好みのシーズン、部屋タイプを選ぶことが可能
  • 予約はチェックアウト日から起算して276日前から前日まで(一部例外のリゾート有)

【 オープンシーズン予約】

  • 所有していないリゾートでもレンタル料金を支払うことで予約可能(一部対象外のリゾート有)
  • HGVCのオーナーの同伴が必要(他の予約はオーナーの同伴なしでも利用可)
  • 予約はチェックアウト日から起算して30日前から前日まで

 

クラブポイントを無駄にしない活用方法

クラブポイントの有効期限は1年間ですが、無効にしない活用方法があります。

 【借り入れについて】

  • 当年のクラブポイントが不足した場合は翌年から手数料なしで前倒しで使用することが可能です。

【セーブドポイントについて】

  • 当年のクラブポイントが余った場合は手数料がかかりますが、翌年に繰り越すことが出来ます。

これらの予約方法と無駄にしない活用方法を上手く組み合わせるとお得な利用が可能となります。

 

HGVCを2倍楽しむ方法について

少々、前置きが長くなりましたが、HGVCの仕組みを概略でも理解しておかないと2倍楽しむことが出来ません。

SmashKfはハワイ島のキングス・ランド・ワイコロア・ビーチリゾートの2LDKプラス(約100㎡)の物件を隔年利用、12,600クラブポイント、プラチナシーズンで所有しています。

しかし隔年ながら毎年、JALマイルとHGVCを利用して渡ハしています。

これを例にHGVCの隔年所有で「毎年渡ハする」=「2倍楽しむ方法」を紹介したいと思います。これがタイトルで言うところの2倍楽しむ方法になります。

※この後の記事で年間管理費、年会費、レンタル料などの金額表示がありますが、2020年時点での料金であり、毎年料金の見直しがあります。

 

普通の楽しみ方

普通にホームウィーク予約またはクラブ予約で利用する。

隔年利用の場合、年間管理費は隔年で掛かります。

  • 使用ポイント…12,600ポイント
  • 費用…年間管理費 約228,000円($2,073)

1年後

利用なしですが、年会費($216)は掛かります。

  • 費用…年会費 約24,000円

そして2年後

普通にホームウィーク予約またはクラブ予約で利用する。

  • 使用ポイント…12,600ポイント
  • 費用…年間管理費 約228,000円

となります。2年に1度になりますが、普通にハワイを楽しむことが出来ます。 

2倍の楽しみ方

隔年で「2倍楽しむ」=「毎年利用する」ためには前章で紹介したクラブ予約とオープンシーズン予約とポイントの借り入れを上手く活用します。

 

普通にホームウィーク予約またはクラブ予約で利用する。

  • 使用ポイント…12,600ポイント
  • 費用…年間管理費 約228,000円

1年後

ポイントの借り入れを利用したクラブ予約とオープンシーズン予約をする。

  • 使用ポイント…5,040ポイント(クラブ予約4泊)
  • 費用…約79,000円(オープンシーズン予約3泊 $239×3)+年会費 約24,000円

そして2年後に

残りのクラブポイントを利用したクラブ予約とオープンシーズン予約をする。

  • 使用ポイント…5,040ポイント(クラブ予約4泊)
  • 費用…約79,000円(オープンシーズン予約3泊)+年間管理費 約228,000円

以上のように隔年での物件所有でもオープンシーズン予約でレンタル料を支払えば毎年の利用が可能となります。

 

普通と2倍と毎年の比較検証

それでは上の例で「隔年の普通の利用方法」と「隔年で2倍楽しむ方法」とそもそもの「毎年利用」 を比較検証してみます。

 

HGVCのお得な予約の比較表


「隔年で2倍楽しむ方法」は1回あたり約79,000円のレンタル料を支払えば、毎年最大6人までハワイで暮らすような旅が楽しめます。ポイントも余っていますので、もう1泊追加することも可能です。

それなら最初から普通に毎年利用の物件を購入すれば良いのでは?と疑問が沸きます。隔年利用と毎年利用では初期費用の物件購入価格が全く違います。

仮に毎年利用が800万円の物件だとすると隔年利用だと65%の520万円で済みます。(SmashKfは10年以上前に購入しているので、今よりかなり安い価格で購入しています。)

しかも上の例ではランニングコストも隔年の方が安くなるので、毎年利用購入のメリットがあまり感じられません。

 

隔年2倍のメリット
  1. オープンシーズン予約とポイントの借りれを利用すれば毎年利用できる
  2. 毎年利用と比較して物件購入価格が65%に抑えられる
  3. 毎年利用と比較して上手に予約すればランニングコストも低く抑えられる
  4. 渡ハは毎年にするか隔年するか都合に合わせて柔軟に計画できる

 

HGVCを2倍楽しむ方法のデメリット

一見、(少なくともSmashKfにとっては)良いことずくめの「隔年で2倍楽しむ方法」ですが、デメリットはないのでしょうか?

実を言うと、上記シミュレーション結果は最良の場合を想定しています。

下記はキングス・ランド・ワイコロア・ビーチリゾートの必要ポイント数とオープンシーズンレンタル料金の一覧表です。必要ポイント数がそれぞれ2値あるのは、売り出した物件の時期(1期、2期)によって違うからです。

 

HGVCの必要ポイントの表

見ての通り、2LDKプラスの部屋に1週間宿泊するには12,600ポイント必要ですが、よく見ると曜日によって必要ポイントが違います。実はこれが鍵でもあり、デメリットにも関係してきます。

隔年で「2倍楽しむ」には

  • 使用ポイント…5,040ポイント(クラブ予約4泊)
  • 費用…約79,000円(オープンシーズン予約3泊 $239×3)

でしたが、クラブ予約の4泊は月曜日~木曜日か火曜日~金曜日、日曜日~水曜日(6,300ポイント)の3パターンでないとポイントが不足します。ポイントが不足した場合はオープンシーズンで借りることになるので、追加費用が発生することになります。

この件も含めてその他のデメリットは

 

隔年2倍のデメリット
  1. 追加費用を抑えるために、クラブ予約する曜日が限定される
  2. オープンシーズン予約利用の為、旅程の最終確定が早くてもチェックアウトの30日前になる
  3. クラブ予約とオープンシーズン予約の別々の予約なので部屋が変更になる

等々が考えられます。

1、についてはクラブ予約なので9ヶ月前から根気よくHGVCのサイトで空きを探すしかありません。

2、については幸運なことに過去一度も予約が取れなかったことはありませんが、最悪の場合はHGVC以外の宿泊場所を探すことになる可能性があります。

3、についてはチェックイン時に同じ部屋をリクエストすることは可能です。運が良ければ同じ部屋が使えます。また旅行の計画段階からそのタイミングでハワイ島からオアフ島の移動日にしておけば何の問題もありません。

 

HGVCを2倍楽しむ方法のまとめ

 

隔年の物件でもうまく利用すれば、毎年ハワイに行けるんだね。

そうだよ。2倍ハワイで暮らすような旅が出来るのさ。

 

以上のように隔年の物件でも、毎年利用の物件とほとんど同じように利用することが出来ます。

今まで2LDKプラスの利用に限定して検証してきましたが、キングスランドの場合は2LDKプラスと2LDKの差がほとんどありません。むしろ必要ポイントが少ないので、2LDKの方が人気があるように思います。

2LDKであれば

  • 使用ポイント…6,300ポイント(クラブ予約5泊、月~金曜日 or 日〜木曜日)
  • 費用…約53,000円(オープンシーズン予約2泊)

で利用できます。そもそも2期の物件や1LDKまで対象にすれば、追加費用なしで毎年利用も可能になります。

 

HGVCの隔年所有で「毎年渡ハする」=「2倍楽しむ方法」のポイントは

  • クラブ予約は出来るだけ必要ポイントの少ない月曜日~木曜日にする
  • オープンシーズン予約は曜日による料金の差がほとんどない

ことを最大限に利用することにあります。

たくさんポイントを持っている方は関係ないと思いますが、隔年利用の方やポイントの少ない物件の方の少しでも参考になれば嬉しいです。

 

Mahalo !