ハワイ旅行 SmashKf  のつらつらブログ

ハワイのお役立ち情報やJALマイル、HGVについて…

【必見】JALマイルのお得な交換方法 -国内線航空券編-

こんにちは SmashKf です。

 

SmashKfは毎年ハワイに行くためにマイルを貯めています。しかし時には国内線を利用するためにマイルを使うこともあります。今回はマイルで航空券に交換する際のお得な方法について紹介します。

飛行中の日本航空の飛行機

 

 

お得なマイル航空券交換方法について

貯めたマイルを直接特典航空券に交換するのが通常の方法です。

特典交換に必要なマイル数は往復で

  • A区間 12,000マイル
  • B区間 15,000マイル
  • C区間 20,000マイル

です。

羽田を基準に各区間の代表的な路線は

  • A区間 秋田、小松、大阪etc.
  • B区間 釧路、札幌、広島、福岡、沖縄etc.
  • C区間 久米島、宮古、石垣

大阪を基準にすると

  • A区間 東京、熊本、宮崎etc.
  • B区間 旭川、札幌、青森、鹿児島、沖縄etc.
  • C区間 石垣

になります。

対象路線など詳細は JALのホームページ で確認してください。 

通常の交換ルートと比べてひと手間掛かりますが、

マイル → e JALポイント → 割引航空券

このルートで交換、購入すると、普通に特典航空券に交換するよりお得な場合があります。この後、詳しく説明します。

 

e JALポイントについて

まず、e JALポイントについて簡単に説明します。e JALポイントはJALのホームページで航空券やツアー代金の支払いに使用できます。

1ポイント=1円です。

JALポイントが最低でも1円の価値があると言われる所以でもあります。マイルからの交換は5,000マイル単位で交換できます。

交換レートは

  • 5,000マイル=5,000ポイント=5,000円相当
  • 10,000マイル=15,000ポイント=15,000円相当

になるので、10,000マイル単位で交換した方がお得です。

※期間限定キャンペーン 2021年3月31日まで実施中 3,000マイル=3,000ポイントで交換可能

有効期限は交換を実施した日から、翌年の同月末日までです。当面使う予定のないマイルの有効期限が迫った場合、e JALポイントとして約1年間期限を延長することも裏技的に可能です。

追加でe JALポイントに交換すると、残っているすべてのポイントの有効期限が延長されるので、実質的に無期限に延長できます。特典航空券で国際線の利用が多い場合は、サーチャージの支払いにも利用できるので持っていても無駄にはなりません。

JMB会員本人や家族の利用ではあまり気にする必要はありませんが、利用者は二親等以内の親族に限定されるなどの制限があります。

利用条件などの詳細は JALのホームページ で確認してください。

 

e JALポイント経由割引航空券購入のお得度検証

それではe JALポイント経由で割引航空券を購入する場合と特典航空券に直接交換する場合を比較検証してみます。

最初に羽田~札幌2名往復で検証します。

  羽田-札幌(2名・往復)
交換方法 特典航空券 eJAL経由割引航空券
運賃 無料 28,800円
必要マイル 30,000マイル 20,000マイル
獲得マイル なし 1,536マイル
残e JALポイント なし 1,200ポイント

 

特典航空券は1人15,000マイルなので30,000マイル必要です。

e JALポイント経由割引航空券購入は5月5日現在、ウルトラ先得の最安値で片道7,200円の航空券があるので、7,200円×4で28,800円必要になります。その購入の為に20,000マイルをe JALポイントに交換して30,000円相当を用意します。

【e JALポイント経由割引航空券購入がお得】 

 
検証結果
  • 必要なマイルは10,000マイル少ない
  • 更に片道384マイル×4=1,536マイル獲得できる
  • 更にe JALポイント1,200ポイント=1,200円相当が余る

 

次に羽田~那覇でも同じように検証します。 

  羽田-那覇(2名・往復)
交換方法 特典航空券 eJAL経由割引航空券
運賃 無料 32,000円
必要マイル 30,000マイル 30,000マイル
獲得マイル なし 2,952マイル
残e JALポイント なし 13,000ポイント

 

那覇便はウルトラ先得の最安値で片道8,000の航空券があるので、32,000円分が必要になります。

【e JALポイント経由割引航空券購入がお得】

 
検証結果
  • 必要なマイル数はどちらも30,000マイルで同じ
  • 片道738マイル×4=2,952マイル獲得できる
  • 更にe JALポイント13,000ポイント=13,000円相当が余る

 

以上の検証から、ウルトラ先得の最安値とは言え、e JALポイント経由割引航空券購入はかなりお得であることが分かります。

更にJALカードツアープレミアムに登録していれば、ウルトラ先得、スーパー先得、特便割引であれば、もっとマイルが獲得できます。上の例では札幌便1,536→2,040マイル、那覇便2,952→3,936マイルになります。

 

 ★合わせて読みたい★

逆に国内特典航空券はディスカウントマイルとJALカード割引が適用され、最大で3,500マイル節約できる制度がありましたが、今年から廃止になり更に差が広がってしまいました。

 

e JALポイント経由割引航空券購入のまとめ

これまで見てきた通り、圧倒的にお得なケースがあることが分かりましたが、デメリットもあります。

  • より安価な割引航空券は早めの購入が必要
  • 予約の変更が出来ない
  • 航空券の種類によってはファーストクラスやクラスJが予約できない
  • ワンステップ手間が余計にかかる

特便割引は前日まで対応していますが、より安く航空券を購入するにはウルトラ先得など早めの購入が必要だったり、旅程が変更になった時のキャンセル料が高い場合があります。

以上のようなデメリットもありますが、

結論:旅程や計画がはっきりと決まっている場合はe JALポイント経由でウルトラ先得などで早めの購入をお勧めします。

ウルトラ先得、スーパー先得の場合、万が一予定が変更になった場合でも55日前までは払戻手数料430円のみでキャンセル料が発生しません。(54日以降は運賃の50%)

また直前まで購入できる特便割引でもお得なケースが多いので、その都度JALのホームページで確認してみて下さい。

 

Mahalo !